So-net無料ブログ作成
検索選択
東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009- ブログトップ
前の10件 | -

東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

お松明の火の粉は、行者の足下を照らし、お堂を清め、参拝者に福をもたらし、最後に「春」を、皆にもたらします。

東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

お松明の火の粉は、行者の足下を照らし、お堂を清め、参拝者に福をもたらし、最後に「春」を、皆にもたらします。

グラデーション -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

お松明の光の種類・・・ 明暗濃淡、赤から紅、紅から朱、朱から黄、白、それ以上 ・・・ は、残念ながらカメラで記録できるものではありません。そのホンの一部を、残しておきたいと思うばかりです。

グラデーション -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

お松明の光の種類・・・ 明暗濃淡、赤から紅、紅から朱、朱から黄、白、それ以上 ・・・ は、残念ながらカメラで記録できるものではありません。そのホンの一部を、残しておきたいと思うばかりです。

この先に 春が来る -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

お松明を担ぐ童子のみなさんは練行衆のさきがけでしかありません。が、春を呼び込むのは、間違いなくこの人達 でもあります。

奔る -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

目の前をお松明が駆ける。一瞬、目がくらみそうになります。

火の粉舞う -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

炎の動きは華やかです。が、それを操る童子の掛け声は低く短く木のはぜる音に紛れ込み、それだけ聞いていると、人が居ることさえ、忘れてしまいそうになります。

天井焦げる -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

登廊と、回廊の北西角あたりは、すでに6日間の松明で炙られ、焦げ臭い香りが漂っていました。

お松明 二本目 -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

一本一本、それぞれ違った表情で、舞台に上がるお松明。二枚目ならでわのキメ。

二月堂からの夕日 -東大寺二月堂 お水取り [東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009-]

今年は天気がイマイチ。昨年のような紅い夕日は拝めませんでした。
前の10件 | - 東大寺二月堂 修二会(お水取り) -2009- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。